自分のためのDAWで耳コピする時のコツまとめ①

2016.10.03

耳コピが苦手で敬遠してきましたが、リメイクしたい曲と使ってみたい音源があって久しぶりにチャレンジしてみました。有料で耳コピを依頼する事も考えたものの、まずはきちんと腰据えて自分でやってみてから決めようと思い、解説サイトを参考にDAWソフトで試したら、なんだかいけそうな気がしてきたので自分のためにメモしておきます。

<手順>
①Cubaseを立ち上げて元のWAVをオーディオトラックに読み込み、無音部分を削除し、第二小節の頭にセット
②MIDIトラックを必要な分だけ用意
③最初にリズムトラック(=パーカッション)で拍子とテンポを決める←これが大事!※
④メロディ⇒ベース⇒残りの順で耳コピ

※今回の曲の場合、4分の3拍子で3拍目にスネアドラムが入るので
[1]プロジェクトの拍子を3/4に変更
[2]リズムトラックで数小節分、3拍目にスネアドラムを打ち込んどく(赤○の部分)
[3]オーディオデータと同時再生して聞き比べながら、3拍目のスネアとオーディオデータのスネアが一致するテンポまで数値を合わせる。
ss_20161002

最初にこうしておくと、フレーズを聞いて入力して確認すると言う作業が楽ちんでした♪
同時再生した時に当たりか外れかがすぐに分かるので。
ベースやドラム等、複雑なパートは大体合っていれば良し。いざとなったら作り直す!(笑)

昔、少しだけ耳コピした時は他のプレイヤーで聞き取ってシーケンサで入力していたような気がしますが、こんな風に再生も入力も確認も一か所でできるなんて快適だ(*´ω`*)。
もともとトラック数が少ない曲と言うのもラッキーでした。頑張るぞー!

自作曲をリメイクするのになんで耳コピが必要になってしまったかと言うと、アホな事に当時のMIDIデータもCherryのプロジェクトデータも失くしてしまったからです。
他にも作曲を始めたばかりの頃の作りかけのデータを消してしまって後悔しています……。
イマイチな出来でもしばらく寝かせてから作り直せば良いし、その結果、曲として仕上げられる例もあるんだから、容量不足でもなければバックアップは削除しちゃだめですね!

HZ01と尺八音源etc…が凄い

2016.8.29

音色ライブラリ用に3TBの外付けHDDを注文しました。
今まで8年ほど前のPCから抜き出した172GBのハードディスクを外付けリーダーで読み込んで使って来たので、豪邸に移る気分です(笑)。
これで読み込みスピードアップ&新しい音源も入れられる♪

さて、凄い音源を見つけたのでメモ。
ソフトウェア音源 「HZ01 – LONDON ENSEMBLES」 | SONICWIRE(http://sonicwire.com/product/98361

この投稿の続きを読む »

ノクターンOp.9-2 ボレロ風アレンジ(仮)

2016.8.18

『ノクターンOp.9-2 ボレロ風アレンジ』2016/08/16

ピアノで「ノクターンOp9-2」を練習中に「なんかボレロっぽくできそう?」と思い、
実際にやってみました。おしとやかなノクターンっぽさがなくなった(笑)。
定番スタイルだけど、人様の作品のアレンジは初めての試みだから凄く楽しかった♪
もっと盛り上げてピアノ協奏曲みたいにしようかな~(*´ω`*)
でも、その前に練習しないと(笑)。

SoundCloudで聞く場合はこっち
[audioplayer]

ファンタジーっぽいの(仮)

2016.6.13

『ファンタジーっぽいの(仮)』2016/06/12

※SoundCloudで聞く場合はこっち。パーカッションの音がなんか変だけど(汗)

タクティクス系SPRGのシステム系BGMを想定。tr60『隠者の書庫』に似てます。
ウォーレ○・レポートやブレ○ブ・ストーリーのようないわゆるレポート画面用か、
ゲーム開始時に主人公のパラメータを決めるプレイヤーメイク画面用のつもりだったけど、
タイトル画面~放置してると勝手に始まるPVもありかなー。
どれにしようか迷い中です。

そしてボキャブラリー不足でタイトルも思い浮かびません(´Д`;;)。
なんか良いのがあったら是非こっそり教えてください。

もうちょっと作りこんで、コンセプトとタイトルが決まったら公開したいと思います。

 ***

20160623追記
同時制作してる数曲の中の1つがレポート画面に向いてそうだったので、
こっちはプレイヤーメイク画面用にすることにしました。
問題は曲名だ\(^O^)/
予定ではこの他に7~10曲程度でコンプリートのつもりだから
作れる時にごそっと仕上げていこう♪

20160707追記
無事にタイトル決定&他2曲完成しましたので、近々公開します。
宜しければ聞いてやってくださいませ♪

間取り図が面白い

2016.4.09

どうもお久しぶりです!新年度いかがお過ごしでしょうか。

私はと言うとヨーロッパのお屋敷とかお城の間取り図にハマっております。(*`・ω・)ゞ
創作の資料集め中に知った、Alte Burggeschichte-古城物語(リンク)さんと言うサイトがとても面白くて、邸宅に関しては以下の本を2冊買ってしまいました。
読んでいてもうニヤニヤが止まりません、ヘヘへ。

上の本はひたすら間取り。下の本では14世紀以降を5つの時代に分けてどう言う風に屋敷の役割や中身が変わっていったのか、その運営を支える階下の部屋がどんなものだったのか等、興味深いお話が盛りだくさんでした。同じシリーズで他にも色んな本があるみたいでその内、買っちゃいそうです。